↑このページのトップヘ

道すがらイベント ≫ ティアマト(ラグナロク)をソロで挑戦してみました。

ティアマト(ラグナロク)をソロで挑戦してみました。

2017.05.01 22:56|イベント


Fotor_149364123802010.jpg


【神姫PROJECT/神姫プロジェクト/神プロ記事その355】

ソロかつオートアビで挑戦です。
5/2 動画記事に動画を張り忘れる痛恨のミス



ティアマトソロラグナ





(張り忘れてました・・・すみません。)

風属性では到底できそうにありませんが(イベントミッションの)闇PTなら意外と簡単でした。

闇属性はデバフはもちろん、回復からゲージ削り役が全て揃っているので本当にオートアビしやすいです・・・。
おかげさまでブログ更新が捗りますね。


オートアビで大体死にそうになってるのはハデス、アモンの二人です。

先頭にいるサタンさんは自己回復力が半端じゃないです。いつのまにかピンピンしてたりします。

オシリスさんは言わずもがなあの無敵アビのおかげで致命的な攻撃をサササっと回避します。

それらのアビがなく、単純にHPが高いだけのハデスさんは割と落ちやすかったり。防御アクセとかあげないといけませんね・・・。

そしてHPも決して高いわけではないアモンさんはもう最後尾にいようが結構落ちます。仕方なし。


オートアビPTに必要なもの



一番大事なものは間違いなくHPですね。しかし、ディフェンス武器だけ積むと目に見えて攻撃力が落ちます。

ですので、HP(ディフェンス)はスキルが二つある武器であげたいですね。ガチャ産で単発分しかなかったりすると、基礎ステータスが落ちがちですが、アサルトが落ちるよりかは大分ましです。

あとはもちろんデバフとヒールが大事です。オートアビで戦う以上、絶好のタイミングでバーストや攻撃アビをうてることなんてまずないですが、とにかく味方が落ちないようにすることが第一です。

普通に殴って削っていくスタイルになりますので、通常攻撃に定評のある開放キューちゃんなんてうってつけのようなきがします。

Fotor_149086950572222.jpg
Fotor_149086955237216.jpg


闇属性では・・・スサノオさんなんか良さそうですね。勝手に攻撃力が上がっていくタイプですのでオートアビ仕様といっても過言ではないかと。

42LdUli3UocL_AE1488196679_1488196841.jpg

オートアビ専用PTを作ると作業神プロがぐっと楽に攻略できるようになりますので、まだ作ったことの無いマスターさんは一度神姫さんのアビやアシストとにらめっこして作ってみてはいかがでしょうか?
関連記事


 

コメント

Re: RGオート・・・

弘司さんおはようございます!ユニオンから結構きてくれて嬉しいのです(*´д`*)

クーちゃんキューさんは通常攻撃のプロですよね。あの二人でオートアビPTの軸にしたいですの!
特にクーちゃんはカッコイイ系?なので欲しいです!

オートアビバトルは神プロやるとき大体ブログ書きながらやる私にとっては神のようなシステムです・・・。おすすめですよヽ(・∀・)ノ

更新は今月も飛ばして頑張ります(`・ω・´)

RGオート・・・

俺には絶対無理だねw手動でやっててもヒーヒー言ってるのにオートとか無理(^^;
解放キューちゃん欲しいよぉ・・・゚゚(゚´Д`゚)゚
連続攻撃ならくーちゃんなんかもキューちゃんとちがって3T限定だけどアビで必ず3回攻撃発動だから良い感じかもね~
まぁ・・・オートなんて俺にとっちゃジェムクエか修練でしか使わないw
更新頻度早いねwおつおつ~
非公開コメント

スポンサーリンク

新しい道

第6回【ミラチケ2018夏】にて交換する神姫さんは・・・! Aug 20, 2018
大成功狙いのSSRアクセ強化! Aug 19, 2018
カラスレター125[道すがら] Aug 19, 2018
【バースト関連】日替わり神姫セレクションガチャ開催! Aug 19, 2018
【8月】恒例の半額ガチャです。期間限定ガチャキャンペーン開始! Aug 18, 2018

カテゴリ

道すがら検索

スポンサーリンク

人気の旅先

ブログパーツ

旅人のつぶやき

月別記事

 

神姫ブログRSS

異世界への旅路

神姫PROJECT まとめ アンテナ GO
グラ神ポータル

道先案内鳥

神姫プロジェクト(神プロ)攻略ブログ[道すがら]の案内鳥【カラス】です。
ゲーム開始:リリースと同時
ブログ開始:2016年10月くらい

↓ブログについて↓
ブログ案内ページへ
↓ツイッター↓
道すがらツイッターページへ

【カラスへお手紙】

カイザーの民

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: